· 

軽トラベースsoloキャンパー#03軸組

塗装も終わって、

いよいよ軽トラの上に乗せる箱の

フレーム部分をつくる工程に移ります。

 

つくる前に無駄な材料を買ったりしないように、

一応、床伏せと軸組図を描きます。

さて、

だいたいの感じは把握できた。

 

いよいよ本番。

つくるぞーーー!

ということで、

つくり始めました。

そして

だいたい形になりました。

ここで、一旦、確認の意味で軽トラに乗せてみます。

後々のことを考えると、

軽トラに乗せるための吊るシステム(システムってほどでもないですが、、。)

が必要なので、それをつくります。

 

チェンブロックを用意して鉄骨の梁から吊ることにします。

チェンブロックは一つは購入しましたが、

一つは知人のOさんが提供してくれました!

 

助かります〜

ありがとうございました!

最初は1つのチェンブロックで

4点で吊ることを考えました。

実際に吊ってみると、、。

この方法だと案外、天井高さが必要なことに気づきまして、、、。

 

いろいろ考えた結果、

下の写真のような吊るための道具を2セットつくって、

2つのチェンブロックで4点吊りすることにしました。

あとは、

チェンブロックを交互にカラカラ引っ張ると、

 

回転することなく

安定してバランスよく

吊れました!

 

浮いてま〜す。

この方法だと、

床から850mmほど持ち上げることができます。

軽トラの荷台の高さは650mm程度なので、

十分です。

 

そ〜っと軽トラの上に

乗っけました!

は〜

一安心。

 

次は壁の下地づくりなどです。