移動販売車をつくる ♯05

最強クラスの寒波とやらで、

ここのところ寒いですね。

 

さて、

今回はファサードの

開口部を仕上げていきます。

 

 

予定を変更して、

開口は4枚の引き戸にすることにしました。

 

以前、つくった卓上の丸ノコ盤が大活躍です。

 

 

引き戸に使う材料の寸法を決めて

割いていきます。

 

自分の欲しい寸法に

材料を縦に割けるので便利です!

 

 

材料も揃ったので、

あとは組んでいきます。

 

以前、子供椅子を真面目につくって

トリマーの使い方を覚えたので

面を取ったり、溝が掘れます。

いろいろとできることが

多くなった感じがします。

 

トリマー(ルーター)も卓上にしたくなります、、。

 

 

こんな感じの引き戸を4枚つくって、

真ん中にアクリル板を挟みます。

 

塗装したり、

微調整したり、

錠前をつけたり

いろいろ苦労しましたが、

 

満足できる仕上がりになりました。

 

 

小さいデシャップカウンターは

2本のボルトで固定してます。

 

走るときは取外しするので、

面倒に感じるかもしれませんが、

 

インパクトあれば10秒くらいで

取り付けできるので、

ぜんぜん苦ではないです。

 

このカウンターの木材は、

嫁ちゃんのボーカル教室の生徒さんでもある

Kさんから頂いた古材で、

すごくいい味を出してます。

ありがとうございました!

 

ステインで着色して

小傷を付けたり、

サンドペーパーで擦ったりして

さらに古い感じを出しました。

 

仕上げはブライワックスです。

しかし、このワックスはいい雰囲気を出します。

 

 

錠前は昔懐かしい感じにしました。

 

田舎から上京して、

東京で初めて一人暮らしを始めた頃、

文京区の安アパートの窓の錠が

こんな感じでしたよ。

 

懐かしい、、。

 

昭和ですよね〜

なんか好きなんですよ。

クルクル回して締めるこのタイプ。

 

なんて名前なのか知りませんでしたが、

「ねじ締り錠」っていうようです。

 

 

錠の雰囲気に合わせて

電球もレトロっぽいのにしました。

照明の用途っていうより飾りです。

 

今はLEDでキラキラした

きれいな電球があるんですね。

たった3Wで、省エネ。

 

 

だいぶできてきました。

もう少し。