小さい隠れ家をつくるぞ ♯01基礎

3坪(6畳)の小さな男の隠れ家をつくることにした

男の割に3坪は小さいか?

小さいくらいが隠れ家っぽいのだ!

いろんなことに使う秘密の小屋だ!

ここにつくる!

まずは、水平を出さねば

レーザーとか、トランシットなんか持ってるはずないので、

昔ながらの方法で水平を出す「水盛管」を

いろんなホームページを参考につくってみた。

水盛管の原理は簡単、そして安い

べた基礎とか布基礎にすると、、

型枠やら鉄筋入れたり、大がかりになりそうなんで、

3坪くらいなら大丈夫かな、、ってことで、

ウッドデッキとかに使うコンクリート束で、

独立基礎にした


コンクリート束だけだと心もとないので、一応、

型枠にコンクリート入れて

ベースをつくることにしたよ

土ん中こんな感じ

でもって、型枠にコンクリート入れて、土を埋め戻して、

基礎の束柱、土台、大引、根太までやったのが

これだ!

この辺は湿気っぽいので、杉の束柱は焼いた!

焼き杉にすると腐りにくいっていうしね。

全体に防腐・防虫塗装して

やっとこさここまで、完成!

基礎の穴掘りが一番、重労働だったかな〜

手首やられた!

ここまで、仕事の合間作業で2週間、

完成はいつよ!

でも、建物つくるの楽しいね

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。